CS-HKの事業内容

ロゴ 群馬県高崎市に拠点を置き、経営品質向上のコンサルティング事業を行っています。
代表は、上條仁(かみじょう ひとし)、豊富な品質経営の知識を、もっといろいろな企業に生かしたいと、 日立製作所を退職し、2002年にコンサル事業を、起こしました。

コンサルティングポリシー

『お客様の身になって、お客様のために』をモットーにしています。
お客様の声を技術課題として設定し、製品・サービスに反映させる。
不良・事故は、未然防止を基本とする。
情報の共有化、見える化を行い、故障や不良の未然防止、アイデア発想を行う。
ここで大事なこと、さて、お客様とは?

クリックして⇒⇒テックデザイン講師紹介

コンサルティング実績(敬称略、順不同)

ピップ(株),日本ガイシ(株),ブラザー工業(株),アルプス電気(株),オムロン(株), マツダ(株),セイコーエプソン(株),日立化成(株),古野電気(株),デンソー(株),他多数

YouTubeにてセミナー画像などを公開!!

クリックして⇒⇒「うまくいかないDRの現状とは」

クリックして⇒⇒テックデザイン公開セミナー風景

クリックして⇒⇒テックデザインWebセミナー紹介

本

日刊工業新聞社月刊誌「機械設計」連載記事掲載:2016年5~9月号⇒本として出版しました!

「故障予測を素早く行い、良い設計につなげる『インタビューFMEA』のススメ」

⇒⇒5月号記事1ページ目pdf(日刊工業新聞社)

「本気で取り組むFMEA」
☆☆2018年6月発売☆☆

月刊誌「COMPANY TANK」:記事掲載2017年7月号

「品質向上セミナー・コンサルを展開 不具合の予防、愛車精神向上に貢献」俳優の松村雄基さんとの対談

⇒⇒7月号記事P83(国際情報マネジメント)